毎日の化粧水パックで乾燥肌対策!正しい方法を3ステップで簡単解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

化粧水パックの有効性を知っていますか?乾燥しがちな肌やダメージを受けやすい肌に非常に効果的な保湿スキンケア方法です。普通に化粧水を塗るよりも高い保湿効果をもたらすことができて、やり方も3ステップのとても簡単な方法ですから、誰でも実践可能となっています。化粧水パックに最適な化粧水の紹介も合わせて行っていますので、肌が乾燥しがちな人や最近肌に衰えを感じ始めているという人は、ぜひしっかりと見てプルプルのうるおいに満ちた美肌を目指してください!

化粧水パックで肌が変わる!

化粧水パックをすることで、どのように肌が変わっていくのでしょうか?化粧水パックに関する以下の内容を詳しくお伝えしていきます。

  • 話題の化粧水パックとは?
  • 化粧水パックに期待できる効果
  • 意外と重要!化粧水パック前の準備
  • 化粧水パックの順番は簡単3ステップ
  • 化粧水パック経験者の口コミ
  • パックに◎人気の化粧水ランキング
  • 化粧水パック後のスキンケア
  • 知って得する!上級者テクニック
  • 毎日でもOK?化粧水パックの注意点

乾燥肌の人はもちろん、最近、昔に比べて肌にハリが失わているという人も、化粧水パックをすることで若々しい肌を取り戻せるかもしれません。

この記事で化粧水パックがどういうものかを知って、保湿効果をアップさせ、いつまでも若々しい美肌を目指しましょう!

話題の化粧水パックとは?

化粧水パックとは、シートマスクやコットンに化粧水をひたしたり、シートパックを用いてパックする方法です。

わざわざパック商品を購入する必要がなく、手持ちの化粧水とコットンやシートマスクがあれば、短時間で簡単に保湿ケアできるために、大勢の人が行っています。

シートパックでも最近では、非常に安価で高品質のものも増えていますから、手軽にケアできる点も魅力でしょう。

ただ、正しい方法で行わないと逆効果になってしまうかもしれませんから、この記事でしっかりと正しいやり方を覚えてくださいね。

化粧水パックに期待できる効果

化粧水パックで期待できる効果は、以下の通りです。

  • 乾燥肌の改善
  • 肌の柔軟性アップ
  • くすみ・シミの改善
  • 毛穴の開き改善

それぞれどのような効果なのか、ひとつひとつ見ていきましょう。

乾燥肌の改善

まず、保湿による乾燥肌の改善効果があげられます。

化粧水をつけるだけでも一定の保湿効果は得られますが、パックにすることで、しっかりと美容・保湿成分が肌の奥深くまで浸透し、従来よりも高い保湿力で肌にうるおいを与えてくれるのです。

肌の柔軟性アップ

化粧水パックによって肌に水分と美容成分が浸透し肌自体の柔軟性がアップします。

やわらかくなった肌は、その後に続く乳液や保湿クリーム、美容液に含まれる美容成分も浸透しやすくなっていますから、総合的なスキンケア方法としても利にかなっているでしょう。

くすみ・シミの改善

主に加齢が原因となり肌のくすみ・シミが目立ってきますが、化粧水パックを行った後はふっくらとキメの整った肌になり、目立たなくなっていくことが期待できます。

継続して行えばターンオーバーも活性化するため、くすみ・シミ予防にもつながるのです。

エイジングケアの一貫としても優れていますね。

毛穴の開き改善

化粧水パックには、毛穴の開きを改善してくれる効果もあります。これは普通に手でつけるよりも化粧水パックを行った方が、角質層の奥まで水分が浸透してくれるためで、肌の角質が柔らかくなり毛穴から汚れが排出されやすくなるのです。

また、ニキビ肌予防にも高い効果が期待できます。

意外と重要!化粧水パック前の準備

化粧水パックを行う前準備は意外と重要です。きちんと確認しておきましょう。

準備するものは2つだけ

化粧水パックで事前に準備するのは、この2つだけです。

  1. 化粧水
  2. シートマスクやコットン

シートマスクやコットンは、できるだけ肌触りがやわらかくなめらかなものを選ぶようにしましょう。

100円ショップなどで売られている圧縮フェイスマスクなどでもよいのですが、経済的な事情が許すならより高品質なものの方が安心です。

なお、シートマスクには、すでに美容液に浸されているタイプもありますから、化粧水をしみ込ませる手順が面倒という方は、そちらを利用してもいいでしょう。

あらかじめ洗顔しておこう!

化粧水パックを行う前に必ず洗顔しておかなければなりません。

これは、化粧水パックに限らずすべてのスキンケア全般で言えることですが、肌にしっかりと美容成分や保湿成分を浸透させるため、不要な皮脂や汚れはしっかりと除去しておかなければならないのです。

これから美容成分を与える前準備として、肌をきれいに整えておくわけですね。

化粧水パックの順番は簡単3ステップ

化粧水パックの順番は非常に簡単な以下の3ステップです。

  1. シートマスク(コットン)を化粧水で湿らせる
  2. シートマスク(コットン)を顔にのせる
  3. 両手で顔全体を優しく包み込む

まず、化粧水をシートマスク(またはコットン)に染みこませます。最低でも10滴以上は使って十分に湿るようにしてください。

次に、化粧水のしみ込んだシートマスクを顔にのせます。コットンの場合は、数枚ほど同じくらいの厚さになるように裂いて、おでこ・ほほ・鼻・あごなど顔のパーツにそれぞれのせていきましょう。

だいたい3~5分くらいパックしてから外してください。肌の水分保量は決まっていますので、長時間パックを行ったとしても肌に負担をかけるだけですから、長くても5分程度だと意識しておきましょう。

この時、両手で顔全体を優しく包み込んでやると手の平の熱で浸透率がアップします。

なお、敏感肌の人は化粧水パックをすると肌へ過度な負担をかけてしまう恐れがありますので、やらない方が無難です。

化粧水パック経験者の口コミ

化粧水パックを使用した経験者の口コミを紹介します。実際に体験した人の意見を参考にして、メリット・デメリットをきちんと知っておきましょう。

化粧水パックの良い口コミ

乾燥肌

I.Kさん32

秋から冬にかけて乾燥度が増すので、毎晩シートマスクを使っています。衛生面は大丈夫かなって気になるので枚数が少ない7枚入りのものを使っています。密着感がすごくて、厚めでできています。お風呂上がりのシートマスク潤いをもらっています。使用した後はいつももっちりしっとりもち肌です。

きちんと保湿するのにべたつかないという口コミです。非常に効果的な保湿を実現できるのが化粧水パックの特徴で、とくに乾燥する冬場には、重宝するでしょう。

普通肌

S.Kさん37

とにかく密着感がすごいです。やっぱりシートマスクにとっての密着感は重要ですね。しっかり肌内部まで美容成分が入り込んでくるのがわかる感じがします。毎晩お肌の潤いキープのお供に使用しています。

肌にしっかりと美容成分が浸透しているのがわかるという感想です。化粧水パックを行うことで、普通に化粧水をつけるだけよりもしっかりと美容成分が肌へと浸透してくれます。

また、シートパックには美容液に使用される有効成分が多数配合されていますので、保湿だけでなく美容効果も期待できるのです。

化粧水パックの悪い口コミ

普通肌

K.Hさん23

失敗!コットンに化粧水を染み込ませて顔にのせたパックをしたら顔がベタベタしました。保湿効果はあるのかもしれないけど、このベタベタ感私は苦手だったので、次はコットンじゃなくてシートタイプのパックを試してみようと思う。

保湿はされるもののベタベタ感がが苦手という口コミです。シートマスクによっては、べたつきを感じる場合もありますが、上記の口コミのようにべたつかないアイテムもありますので、自分の肌に合うものを何種類か試してみるといいかもしれませんね。

パックに◎人気の化粧水ランキング

化粧水パックに使用するのに最適な人気の化粧水をランキング形式で紹介します。乾燥肌や肌の衰えが気になる人は、試してみてください。

【第1位】b.glen(ビーグレン) QuSomeローション

(公式サイトより引用)

販売会社 ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社
内容量 120ml
価格 5,400円(税込)

混合肌

F.Jさん39

QuSomeローションを使って2ヶ月経ちますが、肌質が変わりました。気になっていた、たるみ毛穴は気にならなくなりましたし、肌のくすみも感じなくなりました。毎日お風呂上がりにするスキンケアが今では楽しみでなりません。明日はどんな肌になっているかなと翌朝の肌を確認するのが毎日の日課です。

乾燥肌

H.Aさん36

ちょっとしたとりみがお肌に浸透する気持ちがいいローション。リピして3本目です。お風呂上がりにスキンケアして、朝まで潤いが継続していることにびっくりです。今までは朝起きたらかさついていたのでもっと早く出会いたかった!毎日ケアすることでお肌がもっちりハリのある肌になったかなって嬉しいです。

「QuSomeローション」は、長時間保湿が保てる高機能化粧水です。

独自の浸透テクノロジー「QuSome」によって、厚生労働省認可の有効成分ビタミンC誘導体をはじめとする美容成分を角質層の奥へとしっかりと浸透させてくれます。

化粧水パックに使うことで、さらに高い効果が期待できるでしょう。

>>公式サイトはこちら

【第2位】ETVOS(エトヴォス) モイスチャライジングローション

(公式サイトより引用)

販売会社 株式会社エトヴォス
内容量 150ml
価格 3,200円(税抜)

混合肌

Y.Kさん35

化粧品の中にはベタつくものも多いですが、エトヴォスはベタつかないのに、しっかり潤いが浸透しているのがわかります。もう使い続けて2ヶ月経ちました。とくに肌荒れを起こすこともなく、肌のキメも整ってきた気がします。これからもリピ決定です

敏感肌

A.Oさん32

まだ使い始めて1週間と短いですが、毛穴がキュッと引き締まった感じがします。1週間で変化を感じる化粧水はなかなかないので驚きです!化粧水だけでも十分な保湿力を感じるのもエトヴォスが初めてです!おすすめですよ

「モイスチャライジングローション」は、タイトジャンクションに着目し、肌の保水力を育てる保湿化粧水です。

グルコシルセラミド・ヒアルロン酸・リピジュアといった有効保湿成分を高配合しており、肌にうるおいを与えながら保水力を高めてくれます。

また、低刺激処方ですから、肌が弱い人でも安心です。

>>公式サイトはこちら

【第3位】アスタリフト モイストローション

(公式サイトより引用)

販売会社 株式会社 富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー
内容量 130ml
価格 4,104円(税込)

乾燥肌

N.Uさん36

もう何度もリピして半年以上使ってます。アスタリフトの良さを知ってしまったらもう手放せません。「肌綺麗になったね」って友人にも言ってもらえて自分でも肌質が変わった、ハリがでたかもと効果を感じています。私の肌が綺麗になったのはアスタリフトのおかげ!

普通肌

A.Tさん35

使い始めて3週間ほどたちましたが、化粧水の浸透力が本当に早いです。ベタベタすることなく、かといってすぐに乾燥する感じでもなく朝までしっとり感は持続しています。ハリが足りないなと思っていた頬のハリもでて、ちょっと気になっていたほうれい線も今では前ほど気になりません。バラの香りもいい匂いで私好みです。

「モイストローション」は、独自成分CLリフレッシャーが肌内部までしっかりと浸透し、すみずみまでうるおいで満たしてくれる高保湿化粧水です。

水溶性コラーゲン・浸透性コラーゲン・ピココラーゲンの3種のコラーゲンが触れると吸い付くようなうるおいのある肌へと導き、後の美容液や保湿クリームの効果もアップさせてくれます。

>>公式サイトはこちら

 

>>人気の化粧水についてもっと詳しく知りたい人はこちら

化粧水パック後のスキンケア

化粧水パック後のスキンケアも重要です。NGなケアを行うと肌トラブルにも発展しかねませんので、きちんと知っておきましょう。

乳液や保湿クリームでケア

化粧水パックは肌に水分と美容成分を浸透させてくれますが、それだけで保湿が十分かというとそうではありません。

化粧水は肌に水分を与えることはできますが、その水分を肌に保持するためには、乳液や保湿クリームなどで肌に油分を与える必要があります

化粧水パックでうるおった肌に乳液や保湿クリームでふたをしてあげると考えればわかりやすいでしょう。

洗顔→化粧水パック→乳液や保湿クリームの一連の流れはセットなのです。

必要に応じて美容液もプラス

スキンケアの観点からすると、乳液や保湿クリームまででも十分なのですが、エイジングケアや美白などその他のスキンケア効果もほしい場合は、美容液を使用して有効成分をプラスしてあげましょう。

化粧水パック後は、美容液の有効成分も浸透しやすくなっていますので、化粧水後に塗ってください。

ただ、肌に負担を与えることにはなりますので、敏感肌の人は使用頻度や量に注意しながらケアを行いましょう。

知って得する!上級者テクニック

化粧水パックについて、知っておくべきポイントを紹介します。

シートはコットンでも代用可能

上記でも解説したようにシートはコットンでも代用可能です。また、市販のシートマスクよりもコットンと化粧水の方が、低コストですむというメリットがあります。

化粧水や美容液など目的に合わせて含ませるものを変えられるのもメリットです。

精製水を利用するとより経済的

シートやコットンに化粧水をしみ込ませてパックするとき、化粧水をしみ込ませる前に、精製水で湿らせておきましょう

こうすることで化粧水の量も減らせますし、乾きにくくなりますから非常に経済的です。

ただ、化粧水に含まれる有効成分は薄まりますので、その点は注意してください。

なお、精製水を使う理由は、精製水が弱酸性で化粧水にも使用されているからです。普通の水に比べ肌と馴染みやすくなっています。

パック中にラップをすると効果UP

化粧水パックを行った後にラップで顔をおおってやると水分の蒸発を防ぎ、有効成分がよりしっかりと浸透しますので、効果がアップします。

ラップをするとベタベタになるという人は、気になる部分だけ切り取ったラップをはりつけてあげるとよいでしょう。

毎日でもOK?化粧水パックの注意点

化粧水パックを行う際、気をつけるべき注意点をピックアップしました。通常のスキンケアでも同様のことが言えますので、目を通しておいてくださいね。

化粧水パックは毎日がおすすめ

化粧水パックは、使用している化粧水の効果を最大限に発揮させることを目的としていますから、基本的に毎日行うべきです。

もちろん、肌状態が悪い時に無理に行う必要はありませんが、スキンケアの基本である保湿効果をかなり高めてくれる方法ですから、なるべく毎日行いましょう。

洗顔後30分以内にするのが◎

洗顔後の肌はすぐに乾いてしまいますので、水気をしっかりととった後に化粧水パックを行ってください。

タイミングとしては、朝の洗顔後、または就寝前の入浴後がよいでしょう。そのときどきで目的にあった化粧水やシートパックを使ってくださいね。

なお、エタノールやアルコールが入っている化粧水は化粧水パックには向きませんので、これらの成分が入っていない、できれば低刺激の化粧水を使いましょう。

化粧水パックの長時間放置はNG

上記でもだいたい化粧水パック時間は、3~5分程度と説明しましたが、これは長時間化粧水パックを放置すると肌から水分を奪うこととなり乾燥させてしまうからです。

肌が保持できる水分量は決まっていますから、必要以上にパックをしても意味はありません。長時間放置には注意しましょう。

シートをティッシュで代用は✕

ティッシュはシートよりも水分保持力が低いため、代用で使ってもシートほどの保湿効果は期待できません。

化粧水パックには必ずコットンやシートを使用してください。なお、経済的な事情がゆるすのなら、なるべく品質の良いものを使用した方が安心です。

化粧水パックで憧れの美肌をGET♪

化粧水パックに関して、化粧水パックの効果をはじめ、化粧水パック方法、実際に試してみた経験者の口コミ、人気の化粧水のご紹介、パック後のスキンケア、知っておくべき効果アップポイントや注意点をお伝えしてきました。

化粧水パックは一歩進んだスキンケア方法です。毎日のスキンケアに取り入れることで、ハリとうるおいに満ちたプルプルの美肌をGETしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*