ハイドロキノン配合化粧水ランキング2018|シミケアは化粧水から徹底的に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ハイドロキノン配合化粧水はどんな基準で選べばよいのでしょうか。劇薬とも言われる成分ですから、なかなか試せずにいる人も多いはず。そこでこの記事では、まずハイドロキノンがどんな成分であるかを分析。さらにハイドロキノン化粧水の選び方を伝授し、おすすめのハイドロキノン配合化粧水をランキングで見ていきます。また、上手な化粧水の使い方や、シミを改善するために欠かせない日常生活の改善についてもお伝えします。自分にぴったりのハイドロキノン配合化粧水を見つけ、徹底した美白ケアで白い肌を実現しましょう!

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤ともいわれる成分。高い効果が魅力ですが、その分刺激が強かったり、副作用に気を付けなければいけないということで、しり込みしている人も多いのではないでしょうか?

でもハイドロキノンは正しく使えばとても心強いスキンケアの味方です。そこでこの記事では、ハイドロキノン配合の化粧水について徹底解説。

 

  • ハイドロキノンとは
  • ハイドロキノン配合化粧水の選び方
  • おすすめ化粧水
  • スキンケアのコツ

 

自分に合ったハイドロキノン化粧水を選び、シミやくすみのない透明感ある肌を目指しましょう!

ハイドロキノン配合の化粧水とは

そもそもハイドロキノンとはどのような成分なのでしょうか。

 

  • できてしまったシミのメラニンを還元
  • シミを作るチロシナーゼを阻害

 

ハイドロキノンには、このような効果が期待できます。

一般的なシミ対策成分は、メラニンの生成抑制。つまり、あくまでシミができないようにするためのものであり、一度できてしまった頑固なシミに対処するのはなかなか難しいのです。

しかしハイドロキノンはすでにできてしまったシミにもアプローチ可能。そのため肌の漂白剤といわれているのです。

また、もちろん予防効果も期待できます。メラニンを作る工場となる細胞に働きかけて、シミが沈着しないようにしてくれるのです。

そして、そんなハイドロキノンを配合した化粧水は、主に顔全体のくすみやそばかすに効果的。逆にピンポイントで濃いシミがある場合には、集中ケアクリームなどが有効と言えます。

ハイドロキノン配合の化粧水の選び方

ハイドロキノン配合の化粧水を選ぶときに気を付けるべきポイントは次の4つです。

 

  • ハイドロキノン配合量をチェック
  • 進化型ハイドロキノンが望ましい
  • 一緒に配合されている成分
  • 継続できる価格かどうか

 

では順番に見ていきましょう。

ハイドロキノンの配合量を確認

個人で購入できるハイドロキノン化粧水の配合量は4%以下です。現状として2%前後のものが多いようです。

一方濃度がもっと高いものはリスクがあるので、皮膚科や整形外科で処方してもらい、医師の指導のもとで使うのが基本的です。

ハイドロキノン配合化粧水を選ぶときには、2%を目安にしましょう。

選ぶなら「進化型ハイドロキノン」

進化型ハイドロキノンとは、ハイドロキノンの安定性や浸透性を高めたものです。

ハイドロキノンは高い効果が期待できる成分ですが、あまり安定性が良くなく、長持ちしません。また肌に浸透しにくい、肌への刺激が強いなどの弱点があります。

進化型ハイドロキノンはそれらの弱点を克服したハイドロキノンのことなのです。

ハイドロキノン配合化粧水を選ぶときには、このような進化型ハイドロキノンを選ぶようにしましょう。

ハイドロキノン+の成分を確認

ハイドロキノン化粧水といえど、ハイドロキノンしか配合されていないわけではありません。そのほかにどんな成分が入っているかによって、その化粧水の効果は変わってくることでしょう。

そのため、化粧水を選ぶときにはほかにどのような成分が配合されているのか、成分表示を見ながら確認しましょう。

保湿成分やビタミンなどが一緒に配合されていれば、より肌に良い化粧水といえます。

続けて使用できる価格か

ハイドロキノンを配合した商品は価格が高い傾向にあります。

いかに優れた美白成分といえど、頑固なシミやくすみを解消するにはある程度の期間継続して使う必要があるので、それができる価格のものを選びましょう。

ハイドロキノン配合の化粧水の選び方まとめ

 

  • ハイドロキノン配合量を確認
  • 選ぶなら「進化型ハイドロキノン」
  • ハイドロキノン+の成分を確認
  • 続けて使用できる価格か

 

ハイドロキノン配合の化粧水を選ぶときのポイントはこの4つです。

2%程度の進化型ハイドロキノンに加え、保湿成分や整肌成分を含み、継続できる価格であるもの。

これらの条件をそろえた商品は多くありません。しかしこの記事ではこれらの基準を踏まえたうえで、おすすめ商品を厳選しています。

早速次の項で化粧水を見ていきましょう。

ハイドロキノン配合のおすすめ化粧水ランキングTOP3

では先ほど紹介した選び方の基準に基づいて選出した商品を、ランキング形式で紹介していきます。

1位:ラグジュアリー ホワイト ローションAO II(アンプルール)

 

(公式サイトより)

 

  • 商品名:ラグジュアリー ホワイト ローションAO II
  • 総合評価:95点
  • ぷるり評価:93点
  • 口コミ評価:96点

 

進化型の安定型ハイドロキノンを配合。特殊な技術で守ることによって安定性が増し、肌への刺激も優しくなりました。

さらに保湿成分やビタミンも配合。贅沢な成分を濃縮した化粧水です。

 

  • トリプルセラミド配合
  • 独自のAOカプセルで肌全体を明るく
  • ビタミンC誘導体配合

 

>>さらに詳しく

口コミ

普通肌

A.Yさん34

とろみのあるテクスチャですが、べたつきはなく浸透が早いです。美白効果はというと、即効性はないのでシミが消えたということはありませんが、肌が明るくなった気がします。朝・晩、1か月間使用しましたが、もっと使い続ければシミにも効果があるかもしれないです。期待を込めて継続します。

混合肌

R.Fさん32

30を過ぎてからもう少し良い化粧品を買いたくて調べたら、ヒットしたのがアンプルールです。3か月使って、きめ細かい肌を手に入れました。ごわついていた肌がこんなに滑らかになると思いませんでした!化粧水をハンドプレスすると肌がふっくらとするので、肌の奥から効き目を感じます。


化粧品をWEBでお得に試す方法

独自のAOカプセルのおかげで顔全体が明るくなりますね。浸透力の高さや使用感の良さも人気の理由のようです。

アンプルールにはトライアルセットがあります。ここで紹介したローション以外にも多くの商品をお得に試すことができますよ。

 

  • スポット集中美容液3ml
  • 化粧水20ml
  • 薬用美白美容液8g
  • 美白乳液ゲル10g
  • メイク落とし2包
  • 洗顔料2包

 

商品詳細

ブランド名 アンプルール
価格 1,890円
買える場所 公式サイト
特徴 皮膚の専門家が開発

>>公式サイトを見る

2位:プラチナVCローション(イデアアクト)

(公式サイトより)

 

  • 商品名:プラチナVCローション
  • 総合評価:92点
  • ぷるり評価:91点
  • 口コミ評価:93点

 

新安定型ハイドロキノンに加え、リピジュアなどの保湿成分も豊富。美白ケアだけでなく総合的に肌をケアしてくれる化粧水です。

 

  • 保湿成分が豊富
  • ビタミンC誘導体配合
  • 無添加処方

 

>>さらに詳しく

口コミ

混合肌

U.Tさん33

ハイドロキノンの他、ビタミンC誘導体も含むので、美白に効果がありそうと思い、トライアルセットを購入しました。水っぽいテクスチャなので保湿力があるのか心配でしたが、肌の奥まで浸透していくのがわかります。しっかり時間をかけてハンドプレスすると、翌朝のハリが違います。トライアルの短期間でも透明感が出たので、現品購入で試してみます。

乾燥肌

I.Aさん31

美容に詳しい知人が、肌に良いよ!と教えてくれました。1か月使った感想ですが、肌に浸透している感じがあって肌の表面だけでなく、肌の奥も元気になった気がします。小じわがあったのですが、肌がうるおったおかげなのかほとんどわからなくなりました。化粧ノリも良くて、毎朝みっちり化粧をしていたのにナチュラルメイクでも自信が持てます。


ハイドロキノンによる美白ケアはもちろんのこと、保湿成分やビタミンによって総合的なケアができるのが魅力です。

商品詳細

ブランド名 シーボディ
価格 4,104円
買える場所 公式サイト
特徴 みずみずしい使用感

>>公式サイトを見る

3位:デルミサ スキンフェイドローション

(Amazonより)

 

  • 商品名:スキンフェイドローション
  • 総合評価:90点
  • ぷるり評価:91点
  • 口コミ評価:89点

 

日本人の肌向けに開発したハイドロキノン化粧水。肌に優しい成分を配合しているので、安心して使える化粧水です。

 

  • 8種類の植物由来成分配合
  • 透明肌成分ASP配合
  • アミノ酸複合体配合

 

>>さらに詳しく

口コミ

混合肌

T.Aさん30

さっぱりとした使用感で私好みでした。日焼けしたあとに塗って、シミを防ぐために使ってます。もう2本使い切りましたが新たにシミはできていません。刺激も感じず、保湿力もあるので満足度は高いです。コスパもまあまあなので、これからも頼りにします。

混合肌

M.Tさん26

コットンでシミが気になるところにパックしています。2か月使って肌の透明感がすごいです!シミが消える・薄くなることはなかったのですが、肌のキメが整い毛穴も引き締まってきました。毛穴開きが改善されたおかげでファンデが崩れにくくなりました。この化粧水を使ってからいいことだらけです!

ハイドロキノンがどんな種類のシミに効果があるのかについては、後で改めて紹介していきます。日本人向けの優しい処方なので、低刺激で安心できますね。またハイドロキノンなので肝斑にも効果があります。

化粧品をWEBでお得に試す方法

このスキンフェイドローションはトライアルで試すことができます。10mlで699円なので、まずは肌に合うかどうか確認してみましょう。

商品詳細

ブランド名 デルミサ
価格 2,362円
買える場所 公式サイト
特徴 純ハイドロキノン配合

>>公式サイトを見る

ハイドロキノン配合化粧水のスキンケア方法

ハイドロキノン配合のものに限らず、化粧水を使ったスキンケアには基本的なステップがあります。

化粧水の使用方法を守る

 

  • 洗顔後に使用する
  • 手のひらで温めてから顔全体に馴染ませる
  • 気になる部分は2度塗りする
  • 肌が手に吸いつくくらい潤ったら化粧水の完了

 

化粧水を使うのは洗顔後です。洗顔をすると肌の汚れを落とすと同時に、保湿成分まで洗い流されてしまいます。

そのままにしておくとどんどん肌は乾燥していくので、化粧水でケアをしましょう。

手の平で温めてからつけると、肌なじみが良くなります。気になる部分には重ね付けするなどして、肌が手に吸い付くくらい潤ったら完了です。

その後、美容液を付けたり、乳液やクリームでふたをして水分が逃げないようにしましょう。

ハイドロキノン配合化粧水を使用する時の注意

基本的な使い方は通常の化粧水と同じですが、ハイドロキノン配合化粧水ならではの注意点もあります。

 

  • 時間帯を守る
  • 濃度に注意
  • 使用期間に注意

 

では見ていきましょう。

夜用の場合は、必ず夜のみ使用する

ハイドロキノンはシミを消すための成分ですが、ハイドロキノンを塗布したまま紫外線に当たると、かえってシミが増えてしまうことがわかっています。

そのため、ハイドロキノン配合化粧品の中には、夜しか使えないものが多くあります。

それらの商品を使う場合は必ず夜使用するようにしましょう。

高すぎる濃度は副作用が起こる可能性もある

濃度が高すぎると副作用を起こす原因になります。一般的に5%以上のものは病院で処方してもらい、医師の指導のもとで使う必要があります。

また化粧品は1~4%のものが多いですが、複数のハイドロキノン商品を同時に使うなどすると、想定されている濃度よりも高くなる可能性があります。

成分が重複しないように気を付け、できれば同じメーカーのものをライン使いするようにしましょう。

開封後はできれば1カ月以内に使用する

ハイドロキノンは不安定な成分です。進化型ハイドロキノンは安定性が増していますが、できる限り早めに使うようにしましょう。

理想的なのは開封後1ヵ月以内です。

ハイドロキノンの副作用

 

ハイドロキノンには副作用のリスクがあります。主な副作用は次の3つです。

 

  • 炎症
  • シミが濃くなる
  • 白斑

 

では解説していきます。

炎症

ハイドロキノンは刺激の強い成分なので、炎症が起きる可能性があります。特に次の場合は要注意です。

 

  • 成分が劣化している
  • 敏感肌
  • 妊娠中や授乳中

 

ハイドロキノンを開封してから日数が経つと、劣化してしまいます。そのような商品を肌に塗ると炎症を起こす可能性があります。

また、もともと敏感肌であったり、妊娠中や授乳中など体が敏感なときは、正しく使っていても炎症を起こす可能性があります。

パッチテストで確認したり、妊娠・授乳中は使用を控えるなどして炎症を起こさないようにしましょう。

シミが濃くなる

ハイドロキノンを塗った状態で紫外線を浴びると、シミが濃くなります。なぜ、ハイドロキノンを塗ったまま紫外線を浴びると、肌にとってダメージになるのでしょうか。

それはハイドロキノンが不安定な物質で劣化(酸化)しやすいからであり、紫外線を浴びるとその劣化が加速してしまうから。

ハイドロキノンを塗った状態で紫外線を浴びるのは、劣化したハイドロキノンを塗るのと同じなのです。

劣化したハイドロキノンは肌にとって有害な物質です。肌はそんな劣化したハイドロキノンによるダメージから身を守るために、シミの原因であるメラニンをたくさん生み出します。その結果、シミが濃くなってしまうのです。

白斑

使用量が多すぎたり、濃度の高いものを長期的に使いすぎたりすることで白斑を生じることがあります。

白斑とは、肌の一部が必要以上に白くなってしまうことです。ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれますが、まさに漂白したように肌の色が抜け落ちてしまいます。

必ず用法用量を守り、濃度の高いものを使うときは医師の指導に従いましょう。

ハイドロキノンに効果がある・効果ないシミの種類

ハイドロキノンはすべてのシミに効果があるわけではありません。シミの種類によっては効果の見込めないものもあります。

効果があるもの

 

  • そばかす
  • 肝斑
  • 老人性色素斑

 

これらは効果があります。

肝斑とは、目の周りを覆うようにしてできるシミです。老人性色素斑は、一般的な紫外線により生じるシミです。

そばかすに関しては、遺伝性のものにはあまり効果がありません。あくまで紫外線によって悪化したそばかすに効くものだと考えましょう。

効果を発揮できないもの

 

  • 脂漏性角化症
  • 花弁状色素斑
  • ほくろ

 

脂漏性角化症はシミというよりイボです。炭酸ガスや、液体窒素で物理的に取り除くといった対処が必要になります。

花弁状色素斑は、肩や背中に広がるシミです。その名の通り花びらのような形をしているのが特徴的です。

これらのタイプのシミにハイドロキノンは効果がないので気を付けましょう。

生活改善で効果的なシミ対処法

シミの改善に必要なのは、化粧水だけではありません。生活の中で細かなことに気を付ける必要があるのです。

 

  • 食事内容に注意
  • 紫外線対策をする
  • サプリメントでシミ予防

 

では順番に見ていきましょう。

「ビタミンC」「リコピン」豊富な食事

ビタミンCには抗酸化作用があります。つまり、メラニンが酸化してシミとして沈着してしまうのを防ぐ効果があるのです。

またトマトに豊富なリコピンもシミに良いと言われています。メラニンを生成する酵素であるチロシナーゼに働きかけ、シミができるのを防いでくれるのです。

これらの成分は、化粧品からだけではなく食事から摂取することが大切。体の内外からケアをしていきましょう。

シミの原因となる紫外線ケアを怠らない

紫外線を浴びると、肌はダメージを受けます。活性酸素が生まれ、それが肌の細胞を傷つけるのです。

そして細胞は身を守るためにメラニンを作ります。このメラニンが活性酸素から受けるダメージを肩代わりして酸化され、シミになるのです。

ハイドロキノンはこのメラニンを還元することでシミになるのを防ぐ効果があるものの、紫外線対策を怠ればどんどんメラニンは酸化していきます。

そのため、ハイドロキノンによるケアと同時に紫外線対策を行うことが大切。例えば次のような日焼け止めを使いましょう。

(公式サイトより)

 

  • 商品名:ヌーディーヴェール(ビーグレン)
  • 総合評価:88点
  • ぷるり評価:90点
  • 口コミ評価:87点

 

ビーグレンの化粧下地です。UVカット機能や保湿効果を併せ持っていて、日中のダメージから肌を守ってくれます。

 

  • UVカットでシミ予防
  • 保湿成分コラーゲン・ヒアルロン酸配合
  • 化粧崩れを防ぐ密着成分配合

 

>>さらに詳しく

口コミ

普通肌

A,Mさん27

毛穴がきれいに隠れます。ふわっと軽い付け心地なのにすごい!肌がきれいな人はファンデいらないと思います。私はシミがあるのでファンデ・コンシーラー必須ですが、この下地は少量でかなり伸びるので厚塗りにならず、化粧が崩れにくいです。

混合肌

M.Eさん34

セミマット系の仕上がりになります。毛穴はしっかりカバーしてくれますが、シミやほくろは消えないのでコンシーラーは外せません。スフレっぽい軽いテクスチャで伸びが良いです。ワントーン明るくなるので下地としての効果は十分発揮してくれます。

日焼け止めとして優れているだけでなく、肌色を明るくしてくれるのも嬉しいポイントです。

商品詳細

ブランド名 ビーグレン
価格 5,076円
買える場所 公式サイト
特徴 化粧崩れを防ぎつつUVカット・保湿ケア

>>公式サイトを見る

サプリメントでのシミ予防をおこなう

また、食事で摂り切れない栄養をサプリメントで補うのもおすすめ。忙しくてきちんとした食事がとれない現代人の強い味方です。

具体的には、サプリメントで次のような成分を摂取しましょう。

 

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • L-システイン
  • トラネキサム酸
  • プラセンタエキス

 

そのほか、アミノ酸やミネラルなど不足しがちな栄養を補うことで、肌の健康を保つことができます。

そんなサプリメントの中で、特におすすめなのが次の商品です。

 

 

  • 商品名:ホワイピュア(ジェイフロンティア)
  • 総合評価:90点
  • ぷるり評価:90点
  • 口コミ評価:91点

 

各種メディアで紹介されたりインスタでも話題になったりと、注目されている美白サプリメント。

ビタミンやL-システインがシミにアプローチします。

 

  • 効果が認められた第3種医薬品
  • L-システインを最大240mg配合
  • ビタミンCを1,000mg配合

 

>>さらに詳しく

口コミ

普通肌

N.Eさん26

そばかす・くすみを改善したくて試しましたが、2か月くらいで肌が明るくなり、そばかすも少し薄くなった気がします。割と最近できたそばかすは薄くなるのが早かったです。美白スキンケアと一緒に続けていたので、サプリは補助的な作用だったかもしれませんが、もう少し続けてみようと思います。

普通肌

E.Eさん27

1瓶飲み終わったところです。シミが薄くなった感じは正直わかりませんでしたが、肌に透明感は出てきた気がします。シミも増えることはなかったので、現状維持はできています。日焼け止めとこのサプリで、夏の紫外線は乗り切れそうです。

サプリメントで摂取した栄養素が内側から少しずつ効果を発揮してくれるようですね。

サプリメントをWEBでお得に試す方法

ホワイピュアは公式サイトでは定期購入の初回限定で、通常価格の67%OFFである1,900円で購入可能。しかも送料・手数料無料です。

ぜひ定期コースでお得に購入して、継続的に美白ケアをしてみてください。

商品詳細

ブランド名 ホワイピュア
価格 5,800円
買える場所 公式サイト
特徴 効果が認められた医薬品

>>公式サイトを見る

ハイドロキノンに関する気になるQ&A

続いて、ハイドロキノンに関してよくある疑問とその答えを見ていきましょう。

 

Q.化粧水にハイドロキノンの粉を混ぜても大丈夫?
A.可能です。ただし量の調節に気を付けましょう。

 

Q.ハイドロキノン化粧水の作り方は?

A.まずは以下のものを準備しましょう。

  • 容器:100ml程度
  • 精製水:50ml
  • ハイドロキノン:1g
  • グリセリン:小さじ1
  • クエン酸:0.5g

そして次の手順で作ります。

  • 容器を消毒する(容器の素材に合わせて熱湯あるいはアルコール消毒)
  • 精製水を容器に入れる
  • ハイドロキノンとクエン酸を入れて混ぜる
  • グリセリンを加えて混ぜる

このようにしてシンプルなハイドロキノン化粧水を作ることができます。ただし冷蔵庫で保管し、1週間経過したら破棄しましょう。

 

Q.手作りの方が販売されているものより効果ある?
A.販売されているものの方が、保湿成分やビタミンなどが含まれている分、より高い効果が期待できます。

 

Q.化粧水にハイドロキノンが配合されていた場合も紫外線ケアは必須?
A.必須です。ハイドロキノンを使っているからと油断しないようにしましょう。

まとめ

以上、ハイドロキノン化粧水の選び方やおすすめ化粧水、その効果的な使い方などについて解説しました。「これだ!」と思うようなハイドロキノン化粧水は見つかりましたか?

最後に、ハイドロキノン化粧水の選び方をおさらいしておきましょう。

 

  • ハイドロキノンの配合量を確認
  • 選ぶなら「進化型ハイドロキノン」
  • ハイドロキノン+の成分を確認
  • 続けて使用できる価格か

 

そしておすすめの商品はこちら>>ハイドロキノン配合のおすすめ化粧水ランキングTOP3

ハイドロキノン化粧水を上手に活用して、憧れの白い肌を手に入れましょう!

 

※美白とはメラニンの生成を抑えしみ・そばかすを防ぐことです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*