ほうれい線・たるみの解消法|おすすめエクササイズ・効果的な化粧品を厳選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老けて見える原因となる、ほうれい線や顔のたるみ。整形で消す方法もありますが、自宅でできるセルフケアでも解消できます。
そこで、この記事では

  • リフトアップに効果的なエクササイズ・マッサージ
  • ハリアップにおすすめな化粧水・美顔器
  • ほうれい線・たるみ予防に良い生活習慣

をご紹介します。ほうれい線やたるみを正しくケアして、若々しい美肌に導きましょう。
先にほうれい線やたるみを解消するエクササイズ・マッサージを知りたい方は、「2.ほうれい線・たるみの解消法【エクササイズ・マッサージ】」をチェック!
※この記事での「エイジングケア」は年齢に応じたお手入れのことをいいます。

1.ほうれい線・たるみの危険度&タイプCheck!

ほうれい線とは頬の脂肪がたるみ、下がることでできる線のことです。
加齢や乾燥などが原因で、肌内部のハリ・弾力をキープする成分(コラーゲンなど)が劣化すると、肌がたるんでしまいます。

 

以下に、ほうれい線やたるみが出やすい人の特徴をまとめました。当てはまる数が多いほど、急ぎの対策が必要です。

<ほうれい線・たるみの危険度Check>

 

ほうれい線と一口にいっても、3つのタイプに分けられます。それぞれに合った解決方法を確認しておきましょう。

<ほうれい線・たるみのタイプCheck>

 

ほうれい線やたるみの危険度によって、行うべき対策方法が異なります。

ほうれい線・たるみが深い人は「2.ほうれい線・たるみの解消法【エクササイズ・マッサージ】」
ほうれい線・たるみが浅い人は「3.ほうれい線・たるみの解消法【スキンケア】」
20代のほうれい線・たるみには「4.ほうれい線・たるみの解消法【生活習慣・メイク】」
をチェックしてみてくださいね!

2.ほうれい線・たるみの解消法【エクササイズ・マッサージ】

ほうれい線をはじめとする顔のたるみを解消するためには、エクササイズやマッサージが効果的です。
特におすすめのエクササイズやマッサージを確認しましょう。少しコツがいりますが、慣れると簡単にできますのでぜひ取り入れてみてください。

2-(1)1分でできる!割り箸エクササイズ

ほうれい線は表情筋が衰えることでも目立ってしまいます。表情筋は普段意識して使わないとどんどん衰えてしまうので、割り箸を使ったエクササイズで鍛えましょう。

 

割り箸がなくてもエクササイズが可能です。口角を引き上げて頬の位置を高くキープすることを意識して過ごしてみてください。

2-(2)1週間で変化!ペットボトルエクササイズ

短期間で、ある程度の効果を得たい方は、日本アンチエイジング歯科学会の常任理事である宝田恭子先生が伝授するペットボトルエクササイズが効果的です。

 

ポイントは、息を吸い込むときはお尻をキュッと締めて唇だけで吸い上げること。そして、息を吐き出すときはお尻を緩めることです。

また、息を吸うときは頬の筋肉をへこませ、吐くときは頬の筋肉を膨らませることを意識しましょう。

2-(3)ためしてガッテンで紹介!リンパマッサージ

ほうれい線を消そうと思って上に引っ張るような顔マッサージをすると、皮膚が伸びて余計にほうれい線が目立つ原因になります。
ほうれい線を改善したいのであれば、以下のリンパマッサージがおすすめです。

 

手の重みだけで軽くおさえるように動かし、ゆっくりとリンパを流すのがポイント。

3.ほうれい線・たるみの解消法【スキンケア】

ハリに有用な成分を含む化粧品を使ったり、紫外線対策を行ったりすることで、ほうれい線・たるみの改善が期待できます。おすすめのスキンケアを確認しましょう。

3-(1)ビタミンC誘導体やレチノール配合の基礎化粧品を選ぶ

ほうれい線やたるみを解消するためには、ビタミンC誘導体やレチノールが配合された基礎化粧品を使うのがおすすめです。
肌のハリをアップさせるのは真皮層にあるコラーゲンです。しかし、外から補給してもコラーゲンは分子が大きく真皮層まで浸透しないため、肌内部のコラーゲンは増えないのです。

そこで、コラーゲンの生成をサポートするビタミンC誘導体やレチノールを補えば、ハリアップに期待ができますよ。
さらに、保湿成分としてセラミドやヒアルロン酸などが配合されていると良いでしょう。
乾燥すると肌のハリもなくなりますので、保湿成分を補って角質層をうるおいで満たしましょう。

◆ぷるり編集部おすすめの化粧水

グラングレース ローション(GranGrace)

(公式サイトより)

◆商品詳細

メーカー名 エスト・コミュ
価格(税抜)/容量 4,200円/40ml
買える場所 公式サイト、全国の皮膚科・美容皮膚科
特徴 ビタミンC誘導体、レチノール配合
公式サイトで詳細を見る
さらに詳しく知りたい方はこちら
ほうれい線に効く化粧品ランキング2018|ハリ肌を取り戻すおすすめ9選

3-(2)フェイスマスクや美顔器で美容成分を浸透させる

ほうれい線やたるみのケアには、フェイスマスクも効果的です。
フェイスマスクは美容成分が高濃度で配合されていますし、肌に密着して浸透率を高めてくれます。ただし、フェイスマスクの使用時間や頻度は守りましょう。

また、美容成分を浸透させるためには美顔器の使用もおすすめです。
美顔器で行うイオン導入は、電気の力を使って角質層のすみずみにまで美容成分を浸透させる方法。
ビタミンC誘導体は分子が小さいので、イオン導入をすることで角質層への浸透率が上がります。

◆ぷるり編集部おすすめの美顔器

ツインエレナイザーPRO2 ホームエステDXセット2

(公式サイトより)

◆商品詳細

メーカー名 エビス
価格(税抜)/容量 25,000円
買える場所 公式サイト
特徴 ホームケアの基本セット
公式サイトで詳細を見る

3-(3)紫外線対策を入念に行う

紫外線はほうれい線やたるみの大敵です。
紫外線を長期間浴び続けることで、肌内部のコラーゲンは劣化してしまいます。紫外線は1年中降り注ぐものなので、季節を問わずしっかりとUV対策を行ってください。

SPFの数値やPAの+数が多いほど、強力な日焼け止めであるといえます。商品選びの際にはSPFやPAをチェックしてみてくださいね。

◆ぷるり編集部おすすめの日焼け止め

B.A プロテクター (POLA)

(公式サイトより)

◆商品詳細

メーカー名 ポーラ
価格(税抜)/容量 11,000円/45g
買える場所 公式サイト、通販サイト
特徴 SPF50、PA++++で強力な日焼け止め
公式サイトで詳細を見る

4.ほうれい線・たるみの解消法【生活習慣・メイク】

ほうれい線やたるみを解消するためには、生活習慣を改善して内側からもケアする必要があります。メイクで一時的に隠す方法も確認しておきましょう。

4-(1)ビタミンCなどを食事から摂取

化粧品だけでなく、食事でもビタミンCなどの栄養素を摂るのがおすすめです。コラーゲンを作るために必要な栄養素と食材をまとめました。

栄養素 効能 食材
プロリン コラーゲンを構成する 大豆、湯葉、高野豆腐
リジン コラーゲンを構成する 大豆、蕎麦、サバ
ビタミンC コラーゲン生成酵素の働きを活性化する パプリカ、いちご、ブロッコリー
亜鉛 コラーゲンを生成する 牡蠣、豚レバー、ほや
コラーゲンを合成する レバー、ナッツ、ゴマ

食事では補いきれない分は、サプリで摂取してもよいでしょう。

4-(2)適度な運動・入浴・睡眠

冷え性やストレスは、顔のむくみを招いてしまいます。むくみはほうれい線の悪化につながります。
適度な運動で筋肉を動かしたり、入浴したりすることは、血行が促進されて冷え性の改善に効果的です。また、入浴や質のよい睡眠は自律神経を整え、ストレス解消につながります。

4-(3)正しい姿勢

猫背など姿勢が悪いと、筋力が衰えて肌を持ち上げることができず、たるんでしまいます。
特にスマホをよく見る方やデスクワークが多い方は、下向きの姿勢や猫背が癖になっていることが多いので注意が必要です。
正しい姿勢をキープしなければなかなか改善できませんので、目線や背筋に少し意識を向けてみてください。

4-(4)過酷なダイエット、喫煙を控える

短期間で体重を落とすなど過酷なダイエットは、体内の栄養素を不足させ、筋力も低下してしまいます。栄養不足によってコラーゲンが生成されなくなり、筋力低下でほうれい線やたるみはどんどん悪化します。
ダイエットするなら、徐々に運動量を増やして、適切なカロリーコントロールを行いましょう。

また、喫煙もほうれい線やたるみを悪化させる原因の1つです。タバコを吸うと体内のビタミンCが破壊されて、コラーゲンの生成を阻害してしまいます。
喫煙は健康にも多くの悪影響を及ぼすので、禁煙に努めましょう。

4-(5)メイクで一時的に消す

ほうれい線を今すぐ消したいときは、メイクで一時的に隠しましょう。ほうれい線を隠したいときに重視すべきポイントは、以下のとおりです。

  • 下地を使って凹凸を埋める
  • 明るめのコンシーラーをほうれい線に塗る
  • 指の腹を使って優しく馴染ませる
  • ファンデーションを薄く重ねる

ほうれい線を隠したいからと、コンシーラーやファンデーションを厚塗りするのは逆効果。できるだけ薄く、ぼかしながら乗せることを心がけましょう。コツを掴めば整形級の仕上がりになりますよ。

5.まとめ

ほうれい線やたるみ解消に効果的な自宅でできるケアを見て、始められそうなものは見つかりましたか?
ほうれい線やたるみを解消するためには、エクササイズで筋肉を鍛えたり、スキンケアでコラーゲンを生成する成分を補ったりするのが効果的です。

それぞれの詳細をもう一度確認したい方は、こちらからチェックしてください。

<ほうれい線やたるみの解消法>

ほうれい線やたるみは、悪化する前にケアを始めることが改善への近道。できることから早めに取り入れて、老けて見える原因となるほうれい線を撃退しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*