クレンジングクリームのランキング2018|肌に優しい成分でしっかりメイクオフ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレンジング選びで迷っていませんか?

メイクをする女性にとって、肌へ負担をかけずにメイクを落とし切ることはスキンケアの重要なステップです。だからこそ、クレンジング選びには気を配りたいもの。

でも、「どんなクレンジングがいいのかよく分からない……」という女性も多いことでしょう。

そこで本記事では、クレンジングの中でも肌への負担が少なく、かつメイクもきちんと落とせる「クレンジングクリーム」について特集します。

 

  • 洗浄力が強過ぎるクレンジングは肌の乾燥を招く

 

  • 洗浄力が弱過ぎるクレンジングはメイクを落とせない
  • おすすめの「クレンジングクリーム」を厳選して紹介

 

 

それでは早速見ていきましょう!

すぐにおすすめクレンジングクリームを知りたい方は「クレンジングクリームおすすめランキングTOP5」をチェック!

1.クレンジングクリームとは 

まずは、クレンジングにはどんな種類があるのか、それぞれの特徴を知り、その中でもクレンジングクリームにはどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

1-(1)クレンジングの種類

クレンジングの種類を大きく分けると次の4種類になります。

  • クレンジングオイル
  • クレンジングクリーム
  • クレンジングミルク
  • クレンジングリキッド(ジェル)

ークレンジングオイル

 

  • オイルが主成分

 

  • 水分はほとんど含まない
  • 界面活性剤で乳化している
  • メイクを落とす力が強い
  • オイルの種類によっては肌の乾燥を招く

 

 

クレンジングオイルの主成分はオイルです。ファンデーションや口紅にも油分が含まれているので、油同士が溶け合うことでメイクを落とす力が強いのが特徴です。

クレンジングオイルには様々な種類のオイルが使われています。種類によっては油を落とす力が強過ぎるものもあり、配合量が多いと肌の油分まで落として乾燥を招くという心配があります。

ークレンジングクリーム

 

  • オイルが主成分

 

  • クレンジングオイルより水分が多い
  • 界面活性剤で乳化している
  • メイクを落とす力が強い
  • 濡れた手や顔では使えない

 

 

クレンジングクリームもオイルが主成分であり、メイクを落とす力は強いです。ただし、水分が多めなので、クレンジングオイルよりも優しい使い心地なのが特徴です。

また、濡れた手で使うと乳化のバランスが崩れ、クレンジング力が落ちてしまいますそのため、クレンジングクリームは濡れた手では使えません。

ークレンジングミルク

 

  • 水分が主成分

 

  • オイル成分を含む
  • 界面活性剤で乳化している
  • メイクを落とす力が弱い
  • 肌への負担が少ない

 

 

クレンジングミルクの主成分は水分です。オイルも多少含んではいますが、メイクを落とす力は弱いため、しっかりメイクだと落としきれないこともあります。油分を落とす力が弱い分、肌への負担は少ないといえます。

ークレンジングリキッド(ジェル)

 

  • 水分と界面活性剤が基本成分

 

  • オイルを含まない
  • メイクを落とす力が弱い
  • 洗浄力が弱い分、肌をこすり過ぎることがある

 

 

クレンジングリキッドにはオイルが含まれておらず、界面活性剤の力でメイクを落とすようになります。そのため、メイクを落とす力は他のクレンジングと比べてとても弱くなりますその分、肌をこすり過ぎることにもつながり、肌に負担がかかる他、乾燥を招く心配もあります。

1-(2)クレンジングクリームを使うメリット

クレンジングの種類と特徴が分かったところで、クレンジングクリームを使うメリットについてさらに詳しく見てみましょう。

  • 肌が乾燥しにくい
  • メイクの落ちがいい
  • 肌に優しい

 

ー肌が乾燥しにくい

クレンジングに含まれているオイルは、種類によっては油を落とす力が強過ぎて肌の油分まで落としてしまい、乾燥を招くものもあります。

その点、クレンジングクリームにはオイルと水分がバランス良く含まれているため、メイクをしっかり落としつつ、優しい使い心地で洗えます。

また、クレンジングクリームは保湿成分が配合されているものも多く、この点でも乾燥予防に良いといえます。

ーメイクの落ちがいい

ファンデーションや口紅には油分が含まれています。クレンジングクリームに含まれるオイルは、メイクの油分と溶け合うことでしっかりとメイクを落とします

一方で、オイルが少ないクレンジングミルクや、オイルを含まないクレンジングリキッド(ジェル)は、界面活性剤の力でメイクを落とすことになるため、洗浄力はどうしても弱くなります。

ー肌に優しい

クレンジングクリームは、他のクレンジングに比べて界面活性剤の量が少ないという特徴もあります。

界面活性剤には様々な種類があり、安全性の高いものもありますが、中には肌への刺激が強いものや、残留性の高いものもあります。

また、メイクの落ちがいいので肌をゴシゴシこすらなくて済む、という点でも肌に優しいといえます。

1-(3)クレンジングクリームをおすすめしたい肌タイプ

クレンジングクリームは次のような肌タイプの人におすすめです。

  • 乾燥肌
  • 敏感肌
  • オイリー肌

乾燥肌

肌が乾燥しにくいという点で、クレンジングクリームは乾燥肌の人におすすめです。

特に、オイルの中でも人の皮脂に近い種類のオイルを使用しているものを選べば、保湿成分としての作用も兼ねることができ、より乾燥を防ぐことができます。

敏感肌

肌への優しさから、クレンジングリームは敏感肌の人にもおすすめです。

「敏感肌だとクレンジングミルクやクレンジングリキッド(ジェル)の方が良いのでは?」と思う人もいるかもしれませんね。

確かに、ごくナチュラルなメイクの人なら、メイクを落とす力が弱いミルクタイプやリキッドタイプで肌への負担を軽くするのも良いでしょう。

しかし、きっちりメイクをしている人には、肌をゴシゴシこすらなくても短時間でメイクを落とせるクレンジングクリームの方が、敏感肌に負担をかけずに済みます

オイリー肌

クレンジングクリームはオイリー肌の人にもおすすめです。

肌は乾燥して水分が不足すると、皮脂を過剰に分泌してしまいます。

そのため、メイクをしっかり落として不要な油分を取り除きつつ、肌に必要な水分や油分は残すことのできるクレンジングクリームは、オイリー肌の人にも良いといえます。

2.クレンジングクリームを選ぶ時の5つのポイント

クレンジングクリームは次のポイントを意識して選びましょう。

  • 洗い流すタイプか拭き取るタイプかチェック!
  • W洗顔が必要かチェック!
  • 保湿成分が入っているかチェック!
  • 肌に負担の少ない成分であるかチェック!
  • テクスチャをチェック!

2-(1)洗い流すタイプか拭き取るタイプかチェック

クレンジングクリームには洗い流すタイプと拭き取るタイプがあります。

洗い流すタイプ

洗い流すタイプは、お風呂場でさっと使えるというメリットがあります。

また、界面活性剤の量は拭き取りタイプより多めに配合されています。そのため、しっかり洗い流さないと界面活性剤が肌に残り、肌への負担や乾燥を招く場合があります。

他に、種類が豊富なのは洗い流すタイプのクレンジングクリームなので、たくさんの種類の中から選べるというメリットがあります。

<洗い流すタイプがおすすめの人>

 

  • 短時間でクレンジングを済ませたい人

 

  • 多くの種類の中からクレンジングを選びたい人

 

 

拭き取りタイプ

拭き取りタイプは、入浴前にコットンなどでメイクを拭き取る必要があります。慣れるまでは多少面倒に感じるかもしれませんが、慣れてしまえばそれほど手間ではありません。

また、洗い流すタイプよりも界面活性剤の量が少ないため、肌への負担が少ないといえます。ただし、力を入れて拭き取ると肌に摩擦がかかるため、力を入れ過ぎないことが大切です。

<拭き取りタイプがおすすめの人>

 

  • 肌への負担を軽くしたい人

 

2-(2)W洗顔が必要かチェック

クレンジングクリームには、「クレンジング後に洗顔が必要なタイプ」と、「1つでクレンジング+洗顔の効果があり、W洗顔が不要なタイプ」とがあります。

コスパ重視や時短重視の人には、W洗顔が不要なタイプだと便利です。

2-(3)保湿成分が入っているかチェック

クレンジングでメイクを落とす時に心配なのが、「肌の乾燥を招いてしまうのでは?」ということです。

そんな不安解消におすすめなのが、保湿成分が入っているクレンジングクリームです。具体的には、次のような保湿成分がおすすめです。

 

  • オリーブオイル

 

  • アルガンオイル
  • コメヌカ油
  • ホホバ油
  • スクワラン

 

 

これらは、メイクを落とすためのオイルであると同時に、保湿成分としての役割も発揮します。

オリーブオイルやアルガンオイル、コメヌカ油、ホホバ油は、人の皮脂に近く、たとえ肌に残っても保湿成分として肌を保湿します。

スクワランは炭化水素油を主成分としており、低刺激で肌を保湿するオイルとして化粧品によく使われています。

他に、クレンジングの成分としてよく使われるオイルにミネラルオイルがあります。

ミネラルオイルは主に石油から作られるオイルで、安全性の高い原料です。ただし、油を落とす力がとても強いので、乾燥肌や敏感肌の人の場合は、ミネラルオイルがたくさん配合されている化粧品だと肌の乾燥を招くこともあります。

2-(4)肌に負担の少ない成分であるかチェック

クレンジングクリームの成分は、肌に負担が少ないものを選びたいですよね。特に気になるのが界面活性剤と添加物です。どんな成分がよく使われているのかチェックしてみましょう。

ー界面活性剤

界面活性剤は、クレンジングクリームに欠かせない成分です。クレンジングクリームには油分と水分が含まれていますが、界面活性剤は、そのままだと混じり合うことができない水と油の間を取り持つ役割をしています。

界面活性剤は安全性の高いものもありますが、刺激が強いとされているのは以下の成分です。

 

  • ラウリル硫酸Na

 

ラウリル硫酸Naは敏感肌の人にとっては刺激が強い成分です。肌に残留しやすいという欠点もあるため、肌が弱い人は避けた方が安心です。

ー添加物

敏感肌の人への皮膚刺激が心配される添加物は次のような成分です。

 

  • エタノール

 

  • 着色料

 

 

エタノールは酒の主成分ですが、皮膚への刺激がある他、乾燥を招きやすい成分です。また着色料は、メイクを落とすクレンジングには本来必要のないものです。

このような添加物は、敏感肌の人はなるべく避けた方が安心です。

2-(5)テクスチャをチェック

クレンジングクリームは、テクスチャが好みのタイプかどうかもチェックしておきましょう。

オイルに近いようなリッチで濃いクリームが良いのか、みずみずしくて伸びのよいクリームが良いのかは、好みによって分かれます。公式サイトや口コミも参考にして選ぶと良いでしょう。

クレンジングクリームの選び方のポイントまとめ

クレンジングクリームの選び方のポイントをまとめると次のようになります。

2つのタイプがある
  • 時短重視派は洗い流すタイプ
  • 肌への負担を軽くするなら拭き取りタイプ
W洗顔の必要性
  • 時短重視派やコスパ重視派にはW洗顔不要タイプが便利
おすすめの保湿成分
  • オリーブオイル
  • アルガンオイル
  • コメヌカ油
  • ホホバ油
  • スクワラン
避けたい成分
  • ラウリル硫酸Na
  • エタノール
  • 着色料
テクスチャについて
  • 公式サイトや口コミを見て好みのテクスチャを選ぶ

3.クレンジングクリームおすすめランキングTOP5

お待たせしました!ここでは、先ほどの選び方を基にしたクレンジングクリームのおすすめランキングTOP5を紹介します。

第1位:アンファー VIEクリームクレンジング

(公式サイトより)

 

  • 総合評価 ★★★★★総合点97点

 

  • ぷるり評価 ★★★★★98点
  • 口コミ評価 ★★★★★96点

 

 

商品の特徴

 

  • ホホバ種子油、メドウフォーム油、グレープシード油を配合

 

  • 石油系界面活性剤不使用
  • アルコールフリー、パラベンフリー

 

 

メイクになじませるとリキッド状に変化するクレンジングクリームです。メイク落ちが良く、かつ保湿成分としての効果もある3つの植物性オイルを配合しています。

>>さらに詳しく見る

口コミ紹介

肌に乗せてから馴染んでいく感じが心地いいです。(40代女性)

引用:公式サイト

メイクとなじんだ感じが分かり、メイク落としが楽しくなりました。しっかり落ちて、うるおいも感じられて良かったです。(20代女性)

引用:公式サイト

「クリームとは思えないくらいメイク落ちがいい」「クレンジング後の肌がもちもち」と高く評価されていました。

メーカー・ブランド アンファー株式会社
価格 2,810円
購入できる場所 公式サイト、Amazon、楽天
特徴 ホホバオイルなどの油脂がうるおいを残しながらメイクをオフ!

>>公式サイトを見る

第2位:トリロジー クレンジングクリーム

(公式サイトより)

 

  • 総合評価 ★★★★★総合点96点

 

  • ぷるり評価 ★★★★★98点
  • 口コミ評価 ★★★★★95点

 

 

商品の特徴

 

  • 希少なローズヒップオイルを1瓶に10ml配合

 

  • アーモンド油、ホホバ種子油、月見草油を配合

 

 

アーモンドオイルがメイクと汚れを落とし、肌を柔らかく整えるため、ダブル洗顔は不要です。しっとりした洗い上がりで、特に乾燥肌の人におすすめです。

>>さらに詳しく見る

口コミ紹介

肌が柔らかくなって洗い上がりはしっとり、とっても気持ちいいです!

引用:公式サイト

乾燥肌で悩んでいる方に、是非使ってほしいクレンジングです。クレンジングを見直すだけで、肌の調子が一段とよくなりました。

引用:公式サイト

W洗顔不要で楽ちんなのに肌はしっとりと整う!と高く評価されていました。

メーカー・ブランド 株式会社 ピー・エス・インターナショナル
価格 4,968円
購入できる場所 公式サイト、Amazon、楽天
特徴 ローズヒップオイルを使用したW洗顔不要のクレンジング

>>公式サイトを見る

第3位:HANAオーガニック ピュアリクレンジング

(公式サイトより)

 

  • 総合評価 ★★★★★総合点95点

 

  • ぷるり評価 ★★★★★98点
  • 口コミ評価 ★★★★★94点

 

 

商品の特徴

 

  • オリーブオイル、ココナッツオイル、ホホバオイル、アルガンオイルを配合

 

  • 石油系界面活性剤不使用
  • アーティチョークを配合

 

 

皮脂に近く肌なじみがよい4種類の油脂を配合ししています。また、ホルモンバランスを整え、皮脂分泌を抑えるアーチチョークを配合し、毛穴の目立ちを改善してくれます。

>>さらに詳しく見る

口コミ紹介

優しいのにしっかりメイクも落ちる驚きのオーガニッククレンジングです。(30代女性)

引用:公式サイト

使ったあとに鏡でみるとつやつやして肌が元気になります。オーガニックのクレンジングは色々使ってみましたが、こんなによく落ちるのはすごいですよね。(30代女性)

引用:公式サイト

「メイクをしっかり落とせるのに肌は乾燥しない」と高く評価されており、乾燥肌の人にも人気の商品です。

メーカー・ブランド えそらフォレスト株式会社
価格 3,334円
購入できる場所 公式サイト、Amazon、楽天
特徴 肌なじみのよい油脂を贅沢に使用したオーガニック商品

>>公式サイトを見る

第4位:ポーラモイスティシモ クレンジング

(公式サイトより)

 

  • 総合評価 ★★★★★総合点93点

 

  • ぷるり評価 ★★★★★93点
  • 口コミ評価 ★★★★★93点

 

 

商品の特徴

 

  • サクラエキス、オウレンエキスを配合

 

クリームが肌の上でオイルに変化するクレンジングです。保湿成分のサクラエキスとオウレンエキスを配合し、うるおいに満ちた肌へ導いてくれます。

>>さらに詳しく見る

口コミ紹介

少量ですが、すごく伸び、落ちも良くて感動です!(40代女性)

引用:公式サイト

少量でもスルスル伸び、普段はファンデとアイシャドウくらいですがちゃんと落ちます。(20代女性)

引用:公式サイト

「少量でも伸びが良く、メイクも落としやすい!」という声が多く、やさしくメイクを落とせる点が評価されています。

メーカー・ブランド 株式会社ポーラ
価格 3,780円
購入できる場所 公式サイト、Amazon、楽天
特徴 うるおいにこだわったクレンジングクリーム

>>公式サイトを見る

第5位:SUQQU コンフォートメルト クレンジングクリーム

(公式サイトより)

 

  • 総合評価 ★★★★★総合点92点

 

  • ぷるり評価 ★★★★★92点
  • 口コミ評価 ★★★★★92点

 

 

商品の特徴

 

  • 体温と圧でとろけるオイルを配合

 

肌の上でマッサージするとオイル化する、指すべりのよいクレンジングクリームです。短時間でメイクを落とせるため、ストレスの少ない処方です。

>>さらに詳しく見る

口コミ紹介

クリームの心地よさにオイルクレンジング並みのスピードを兼ね揃えた一品!!ぬるつかない洗い上がり、しっとりモチモチの後肌は感動します!!(35歳女性)

引用:@cosme

割りと少ない量でよく伸びます。メイクが馴染むとふっと軽くなるので洗い時がわかりやすいです。落としたあとはシットリしてますよ。(45歳女性)
引用:@cosme

「短時間でメイクオフできる」「洗い流すタイミングが分かりやすい」と高く評価されていました。オイルクレンジング派の人でも満足度が高く、人気の商品です。

メーカー・ブランド 株式会社エキップ
価格 5,184円
購入できる場所 公式サイト、Amazon、楽天
特徴 スピーディにメイクを落とせる新処方

>>公式サイトを見る

4.【目的別】おすすめのクレンジングクリーム8選

ここでは、上記のランキングには入らなかったもののおすすめの商品を、目的別に紹介します。

  • 【毛穴ケア】におすすめのクレンジングクリーム
  • 【敏感肌】におすすめのクレンジングクリーム
  • 【ニキビ肌】におすすめのクレンジングクリーム
  • 【デパコス】でおすすめのクレンジングクリーム
  • 【プチプラ】なのに優秀おすすめのクレンジングクリーム

【毛穴ケア】におすすめのクレンジングクリーム

「プレディア スパ ・エメール ファンゴWクレンズ」

(公式サイトより)

 

  • 総合評価 ★★★★★総合点91点

 

  • ぷるり評価 ★★★★★91点
  • 口コミ評価 ★★★★★91点

 

 

商品の特徴

 

  • 天然ミネラル泥を配合

 

天然ミネラル泥がメイクだけでなく、毛穴汚れや皮脂汚れも落としてくれるクレンジングクリームです。洗った後は毛穴の目立たないふっくら肌に導いてくれます。W洗顔は不要ですが、さっぱりした洗い上がりが好みの場合はこの後で洗顔料を使いましょう。

>>さらに詳しく見る

口コミ紹介

滑らかなクレイのクリームが肌に吸い付く感じで、マッサージしながらクレンジングしてるとツルツルしてきて、メイクは濃い方では無いですが、よく落ちてると思います。

引用:Amazon

刺激もなく、他のクリームクレンジングよりも落ちが良くて好きです。香りも良い。

引用:Amazon

「W洗顔しなくてもきれいな洗い上がりになる」と人気の商品です。

メーカー・ブランド 株式会社コーセー
価格 4,370円
購入できる場所 Amazon、楽天
特徴 天然ミネラル泥でメイク、毛穴、皮脂汚れを落とす

>>Amazonから購入する


「ポーラ モイスティシモ 薬用クレンジングクリア」

(公式サイトより)

 

  • 総合評価 ★★★★★総合点90点

 

  • ぷるり評価 ★★★★★90点
  • 口コミ評価 ★★★★★91点

 

 

商品の特徴

 

  • 不要な角層が重層化した「角層ヘドロ」を落とす

 

しっかりメイクや高SPFの日焼け止め、紫外線ダメージを受けた肌の古い角層なども落と

す薬用クレンジングクリームです。保湿成分も配合し、肌のうるおいを守ります。

>>さらに詳しく見る

口コミ紹介

クレンジングクリームで優しくメイクオフすると、肌が柔らかくツルツルになっています。目元にも安心して使用してます。(60代女性)

引用:公式サイト

メイクとすぐなじんでツルンと落ちて、乾燥肌の私も洗い上がりのつっぱり感もなく、使い心地がとても良いです!(40代女性)

引用:公式サイト

「メイクも日焼け止めもつるんと落とせるのにうるおいがある」「肌がつっぱらない」と幅広い世代に愛用されています。

メーカー・ブランド 株式会社ポーラ
価格 4,104円
購入できる場所 公式サイト、Amazon、楽天
特徴 メイクも日焼け止めもやさしく落とすなめらかクリーム

>>公式サイトを見る

【敏感肌】におすすめのクレンジングクリーム

「ノブ クレンジングクリームⅡ」

(公式サイトより)

 

  • 総合評価 ★★★★★総合点91点

 

  • ぷるり評価 ★★★★★94点
  • 口コミ評価 ★★★★★90点

 

 

商品の特徴

 

  • 低刺激のオイル、スクワランを配合

 

  • シンプルな配合成分&ピュア処方

 

 

敏感肌向けのブランド「ノブ」のなめらかなクレンジングクリームです。低刺激のオイルであるスクワランを配合しています。また、配合成分をできるだけ少なくし、精製度にもこだわっているため、刺激を受けやすい敏感肌をやさしくクレンジングします。

>>さらに詳しく見る

口コミ紹介

潤いがあってなめらかな使用感だったので、クレンジング後の肌の乾燥もありませんでした。(26歳女性)

引用:@cosme

低刺激で安心なのでリピートさせていただいています。クレンジングは、オイルタイプが多いけどわたしはクリームタイプ派なので助かっています。(49歳女性)

引用:@cosme

「敏感肌でも安心して使える」と人気の商品です。

メーカー・ブランド 常盤薬品工業株式会社 ノブ事業部
価格 4,320円
購入できる場所 公式サイト、Amazon、楽天
特徴 シンプル&ピュア処方のなめらかなクレンジングクリーム

>>公式サイトを見る

【ニキビ肌】におすすめのクレンジングクリーム

「シェルクルール ベーシッククリーム」

(公式サイトより)

 

  • 総合評価 ★★★★★総合点90点

 

  • ぷるり評価 ★★★★★93点
  • 口コミ評価 ★★★★★89点

 

 

商品の特徴

 

  • マッサージクリームとしても使える

 

  • 低刺激のオイル、スクワランを配合
  • 肌を健やかに保つバイオ・セルを配合

 

 

シェルクルールは様々な肌の不調に悩む女性のためのブランドです。低刺激なクレンジングクリームはニキビ肌にもおすすめです。肌を健やかに保つのをサポートするバイオ・セル(ビフィズス菌由来)は、ほぼすべての商品に配合されています。

>>さらに詳しく見る

口コミ紹介

7年くらい?リピートしてます。ほどよいしっとり感、肌がやわらかくなる、なんか心地よい。(28歳女性)

引用:@cosme

メイクをしっかり落としてくれます。パックとして使えるのも魅力的。洗い流してもつっぱ ることはありません。(22歳女性)

引用:@cosme

リピーターの多い人気商品です。クレンジングクリームでありながらマッサージクリームやオイルパックとして使える点も評価されていました。

メーカー・ブランド 株式会社ヴェルジェ
価格 2,970円
購入できる場所 Amazon、楽天
特徴 マッサージクリームとしても使えるクレンジングクリーム

>>Amazonから購入する

【デパコス】でおすすめのクレンジングクリーム

「イグニス ブラン クレンジング クリーム」

(Amazonより)

 

  • 総合評価 ★★★★★総合点90点

 

  • ぷるり評価 ★★★★★90点
  • 口コミ評価 ★★★★★91点

 

 

商品の特徴

 

  • 白神産米ぬかエキスを配合

 

汚れを取り除くと同時に、脂質に似た働きがあると言われる米ぬかから抽出したコメヌカエキスを配合しています。とろけるような使い心地が特徴です。

>>さらに詳しく見る

口コミ紹介

使い心地も本当に最高で、メイクがゆるりと落ちていくのがよく分かりますし、洗いあがりもサラサラ・すべすべ。(41歳女性)

引用:@cosme

さっぱりする化粧落としが多いですが、これは洗い終わったあとつっぱらずむしろしっとりです!(23歳女性)

引用:@cosme

洗い上がりのサラサラした肌の感触が好評で、満足度の高い商品です。

メーカー・ブランド 株式会社アルビオン
価格 4,900円
購入できる場所 Amazon、楽天
特徴 コメヌカエキス配合のとろけるクレンジングクリーム

>>Amazonから購入する

 

「ゲラン クレンジング クリーム」

(Amazonより)

 

  • 総合評価 ★★★★★総合点90点

 

  • ぷるり評価 ★★★★☆89点
  • 口コミ評価 ★★★★★91点

 

 

商品の特徴

 

  • 肌タイプを選ばないリッチなテクスチャー

 

ゲランはフレグランスで有名なフランスの老舗ブランドです。クレンジングクリームは様々な肌タイプに使えるリッチなテクスチャー。うるおいを保ちながらしっとりなめらかな肌へ導いてくれます。

クレンジングクリームのために開発されたホワイトティとムスク、ジャスミンの香りが優雅に漂います。

>>さらに詳しく見る

口コミ紹介

こちら、洗い上がりの肌がツルツルになります!すこし馴染ませるのに時間がかかりますが、その間にも美容成分がお肌に入っている感じがするのでノンストレスです!(29歳女性)

引用:@cosme

なめらかなクリームがメイクをしっかりと落としてくれます。(中略)流した後はしっとりふかふかとした肌になっていて、気持ちが良いです。(31歳女性)

引用:@cosme

「クレンジングが楽しくなる」と感じられるほど使用感が良く、洗い上がりもしっとりして肌が明るくなると好評です。

メーカー・ブランド ゲラン株式会社
価格 9,000円
購入できる場所 公式サイト、Amazon、楽天
特徴 美容クリームのようなリッチなクレンジング

>>公式サイトを見る

【プチプラ】なのに優秀おすすめのクレンジングクリーム

「ドルックス クレンジングクリームN」

(公式サイトより)

 

  • 総合評価 ★★★★☆総合点85点

 

  • ぷるり評価 ★★★★☆85点
  • 口コミ評価 ★★★★☆85点

 

 

商品の特徴

 

  • なめらかな拭き取りタイプ

 

ドルックスは資生堂のプチプラ化粧品です。ソフトな使い心地のクレンジングクリームは拭き取りタイプで、メイクや肌の汚れをすっきり落とせます。レトロでかわいいパッケージも人気です。

>>さらに詳しく見る

口コミ紹介

これを使うと肌がカサつかないしキメが細かくなり、長く愛用されるものには理由があると改めて思いました。翌日のお化粧ノリも良くなる感じがします。(50代女性)

引用:資生堂ワタシプラス

油が多すぎなく、適度に潤います。クレンジング後も、カサつきません。(30代女性)

引用:資生堂ワタシプラス

「プチプラなのに肌が乾燥しない」との声が多く、愛用者がたくさんいました。ジャスミンの香りも好評です。

メーカー・ブランド 資生堂
価格 618円
購入できる場所 Amazon、楽天など
特徴 資生堂で人気の拭き取り用クレンジングクリーム

>>Amazonから購入する

「ちふれ ウォッシャブル コールド クリーム」

(公式サイトより)

 

  • 総合評価 ★★★★☆総合点83点

 

  • ぷるり評価 ★★★★☆84点
  • 口コミ評価 ★★★★☆83点

 

 

商品の特徴

 

  • マッサージクリームとしても使える

 

プチプラコスメとして人気の「ちふれ」のクレンジングクリームです。指すべりのよいテクスチャーで、マッサージクリームとしても使えます。

>>さらに詳しく見る

口コミ紹介

多めにつけてマッサージしていると、汚れが浮いてきて、かるい感触(クリームからオイルになったような)になり、ぬるまゆでおとして、あとは洗顔料で丁寧に洗うともっちり肌になりますよ。

引用:Amazon

数年前からずっと使い続けてますが、刺激も少なく、マッサージもできるので重宝しています。
引用:Amazon

「低価格でも肌荒れしない」「マッサージもできる」と人気の商品です。

メーカー・ブランド 株式会社ちふれ化粧品
価格 1,248円
購入できる場所 公式サイト、Amazon、楽天
特徴 マッサージにも使える軽やかなクレンジングクリーム

>>Amazonから購入する

5.クレンジングクリームの正しい使い方

クレンジングクリームには正しい使い方があります。間違った使い方をすると十分にメイクが落とせない場合があるので、正しい使い方をマスターしましょう。

  • ポイントメイクは専用のリムーバーで先に拭き取っておく
  • 適量のクレンジングクリームを手に取り両手を合わせながら温める
  • 額・ほほ・鼻・顎にクレンジングクリームを置く
  • 内側から外へ引き上げるように伸ばしていく
  • 軽くマッサージをするように指で円を描きながらメイクとなじませる
  • ぬるま湯でクリームがなくなるまでやさしく洗い流す

6.クレンジングクリームを使うときのワンポイントアドバイス

ここでは、クレンジングクリームを上手に使いこなすためのアドバイスをまとめました。

  • 乾いた手と顔で使う
  • ポイントメイクは専用リムーバーを使う
  • 長時間ゴシゴシこすらない
  • 肌質にあった温度のぬるま湯で洗い流す

乾いた手と顔で使う

クレンジングクリームは、濡れた手で使うと乳化のバランスが崩れて洗浄力が落ちてしまいますそのため、必ず乾いた手と顔で使う必要があります。お風呂場で使うなら手と顔を拭いてからクレンジングクリームを手に取るようにしましょう。

ポイントメイクは専用リムーバーを使う

リキッドアイライナーやアイシャドウ、マスカラなど、目元には複数のメイクグッズを使ってしっかりメイクをしている人も多いですよね。特に最近は、長時間崩れないタイプが人気です。

そんな目元のしっかりメイクは、洗浄力の強い専用のリムーバーで落とすのがおすすめです。目の周りの皮膚は薄いため、通常のクレンジングでメイクを落とそうとゴシゴシこすると、皮膚に過剰な負担がかかってしまいます。

その点、専用リムーバーなら洗浄力が高いので、ゴシゴシこすらなくても簡単に濃いアイメイクを落とすことができます。

長時間ゴシゴシこすらない

顔を洗う時は長時間ゴシゴシこすらないのが鉄則です。

肌への摩擦が強いと、肌を傷つける他、必要な皮脂や水分まで取り除いてしまう場合があります。また、こすることによって色素沈着してしまう危険性もあるので絶対に止めましょう。

肌質にあった温度のぬるま湯で洗い流す

クレンジングクリームは肌質にあった温度のぬるま湯で洗い流しましょう。

肌質別のおすすめの温度は次の通りです。

 

  • 敏感肌・乾燥肌の場合 30℃~34℃

 

  • 普通肌の場合 35℃程度
  • オイリー肌の場合 36℃~38℃

 

 

熱いお湯は肌への刺激が強い他、肌に必要な皮脂や水分まで取り除いてしまうことがあります。逆に冷たい水は、毛穴が閉じて汚れ落ちが悪くなる可能性があります。

7.クレンジングクリームに関する気になるQ&A

ここでクレンジングクリームに関するよくある質問と回答をまとめました。

クレンジングクリームはマツエクにも使える?

マツエクにはおすすめできません。理由は、マツエクに使われている接着剤はオイルに弱いため、オイルを含んでいるクレンジングクリームを使うとマツエクが取れやすくなってしまうためです。

マツエクをしている場合は、マツエク部分だけはオイルを含まないものでメイクを落とすなどの工夫をしましょう。

お風呂でクレンジングをしても いい?

大丈夫です。お風呂は湿度が高いので、毛穴が開いてメイク落ちが良くなるというメリットもあります。ただし、濡れた手や顔でクレンジングクリームを使うと効果がでないので、必ず乾いた手と顔で使うようにして下さい。

クレンジングクリームとコールドクリームの違いは?

一般的に、どちらもメイク落としに使う油性のクリームを意味します。メーカーによって呼び名が異なるだけなので、どちらを選んでも特徴は同じです。

8.まとめ

あなたにぴったりのクレンジングクリームは見つかりましたか?

これまでの内容を参考に、クレンジングクリームは以下のように選びましょう。

 

  • 乾燥肌・敏感肌・オイリー肌にもクレンジングクリームはおすすめ!

 

  • 洗い流すタイプか拭き取るタイプかチェック!
  • W洗顔が必要かチェック!
  • 保湿成分が入っているかチェック!
  • 肌に負担の少ない成分であるかチェック!
  • テクスチャをチェック!

 

 

自分に合うクレンジングクリームで、肌に負担をかけずに優しくしっかりメイクオフしましょう!

 

「クレンジングクリームおすすめランキングTOP5」はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。





無題ドキュメント

title



コメントを残す

*