口元のたるみの原因と改善法|毎日簡単に出来るトレーニング・マッサージ紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

口元のたるみで実年齢より老けて見えると悩んでいませんか?口元は顔の若さを印象付けるパーツだからこそ、キュっと上向きを目指したいもの。

そこで、この記事では

  • エクササイズ&ヨガでたるみを改善する方法
  • ツボ押し&マッサージでたるみを改善する方法
  • スキンケア&メイクでたるみを改善する方法

をご紹介します。複数の改善方法を組み合わせて毎日続ければ、引き締まった口元の若々しい顔になれますよ。

すぐに具体的な対策を知りたい人は、それぞれの方法をチェック!

エクササイズが知りたい→「2.口元のたるみを改善する方法【グッズを使ったエクササイズ編】」「3.口元のたるみを改善する方法【エクササイズ編】

顔ヨガが知りたい→「4.口元のたるみを改善する方法【顔ヨガ編】

ツボ押しが知りたい→「5.口元のたるみを改善する方法【ツボ押し編】

マッサージが知りたい→「6.口元のたるみを改善する方法【マッサージ編】

たるみを隠すメイクが知りたい→「7.口元のたるみを改善する方法【メイク編】

スキンケアが知りたい→「8.口元のたるみを改善する方法【スキンケア編】

※この記事での「エイジングケア」は年齢に応じたお手入れのことをいいます。

1.口元のたるみの原因

口元のたるみの2大原因を見ていきましょう。

1-(1)表情筋の衰え

まず、口の周りの表情筋の種類と位置をチェック。

 

口元のたるみに最も影響を与えるのが、口の周りを囲む口輪筋です。口輪筋は、口の開閉や唇を尖らせる動きに必要な筋肉。口輪筋が衰えると以下のような悪影響がでます。

  • 口角が下がり口元がたるむ
  • 口を閉じにくくなり、口元がゆるんでたるむ

このたるみを放っておくと、唇の両側からあごに伸びる二本の溝が目立つように。操り人形(マリオネット)の口元にある線のように見えることから、「マリオネットライン」と言われています。

マリオネットラインは、老け顔を加速させるので早めの対策を!

今すぐ表情筋を鍛えたいという人は「2.口元のたるみを改善する方法【グッズを使ったエクササイズ編】」「3.口元のたるみを改善する方法【エクササイズ編】」をチェック。

1-(2)肌の弾力低下

肌に存在するコラーゲンなど弾力を司る成分が失われると、ハリが低下して口元がたるみます。肌のハリを失う原因は主に2つです。

  • 加齢により真皮層の線維芽細胞が機能低下する

  →コラーゲンなどを生み出すのが線維芽細胞

  • 乾燥や紫外線ダメージ

上記2つの原因に有用な成分配合の基礎化粧品選びが大切です。詳しくは「8.口元のたるみを改善する方法【スキンケア編】」を必読!

2.口元のたるみを改善する方法【グッズを使ったエクササイズ編】

表情筋の衰えには、エクササイズが効果的です。グッズを使ったエクササイズを毎日続けることが大切エクササイズをやめると、表情筋は再び元の状態に戻ってしまうことを覚えておきましょう。

グッズを使った簡単エクササイズを2つ紹介します。

2-(1)ペットボトルで簡単エクササイズ

ペットボトルに水を入れてくわえて持ち上げるだけ。今日から挑戦してみましょう。

 

正しくエクササイズを行うためのポイントをチェック。

  • ペットボトルを歯で支えるのはNG

  →唇と頬の筋肉を意識する

  • 慣れてきたら、水の量を50ml単位で増やす

  →負荷を増やして、しっかり筋肉を鍛える

2-(2)割りばしで簡単エクササイズ

上向き口角で、明るい表情を叶えるエクササイズです。

 

しっかり効果を出すためのポイントは2つです。

  • 割りばしを噛んだ時に水平になっているか

  →傾いていると、片方だけしか鍛えられない。鏡で確認しながら行うと〇

  • 口角は上げられるだけ、ぐっと持ち上げる

3.口元のたるみを改善する方法【エクササイズ編】

入浴中などスキマ時間には、表情筋を鍛えるエクササイズがおすすめです。まず、共通の注意事項を確認しておきましょう。

  • 動作はゆっくりが基本

  →素早い動きはたるみを加速。しわの原因にも

  • 慣れるまでは鏡を見て、動きをチェック

  →正しい動きができていないと、効果が得られない

  • 毎日続ける

  →エクササイズをやめると、表情筋は再び衰える

気が付いた時にぱっとできるエクササイズを2つ紹介します。

3-(1)口周りのたるみを撃退!ベロ回し体操

口元の筋肉を鍛えると同時に、ほうれい線のケアもできるエイジング対策エクササイズです。

 

ポイントを押さえて、すっきりフェイスを目指しましょう。

  • 必ず口を閉じて行う

  →口を開くと口輪筋がゆるんでしまう

  • 回数を守る

  →筋肉が衰えている状態でやり過ぎると、後頭部などに痛みが出る場合も

3-(2)マリオネットライン撃退!あいうえお体操

マリオネットラインに効果的なあいうえお体操は、小顔効果も抜群!顔全体のたるみが気になる人は、ぜひ取り入れてみてください。

 

それぞれのポイントをチェック。

  • 「あ」→思いきり口を開く

  →目も一緒に見開くと、目のたるみに〇

  • 「い」→口をしっかり真横に引く

  → 頬の筋肉を使って、高く上げるよう意識

  • 「う」→口を前に突き出す

  →前に前に引っ張られるような気持ちで

  • 「え」→笑顔で口を横に広く開ける

  →頬の筋肉を使って、高く上げるよう意識。下をべーっと出す動きを加えると、二重あご解消に〇

  • 「お」→口角の横の筋肉が痛くなるよう、大きく縦に口を開く

  →ほうれい線をのばすよう意識する

4.口元のたるみを改善する方法【顔ヨガ編】

顔でポーズをとり、表情筋を動かして鍛える顔ヨガ。1日1分・毎日続ければ2週間ほどで、たるみ改善効果が感じられると言われています。

まずは、顔ヨガを行う際の注意点を確認しましょう。

  • 猫背はNG!背筋を伸ばして行う

  →猫背は顔をたるませるので、効果を十分得られない

  • 慣れるまでは鏡を見て、動きをチェック

  →正しいポーズがとるのが大切

  • 呼吸を止めない

  →鼻からゆっくり吸って吐く

  • 毎日続ける

  →エクササイズをやめると、表情筋は再び衰える

毎日の習慣にしたい顔ヨガを2つ紹介します。

4-(1)ひょっとこ口

口元のたるみだけでなく、二重あご解消にもおすすめのポーズ。

 

ポイントは2つ。正しいポーズでハリのある口元を目指しましょう。

  • 口をすぼめるときは、出来るだけ小さく

  →しっかり力を入れるのが大切

  • 左右に動かすときに、口が開かないよう注意

  →口が開くと効果は半減。慣れるまでは、手で動きをサポートすると〇

4-(2)ふぐの顔

口元のたるみのほか、たるみ毛穴にもおすすめのポーズです。

 

口元や頬を、しっかりリフトアップするためのポイントは2つです。

  • 口をしっかり閉じて、空気はパンパンにためる
  • 空気がある部分をしっかり伸ばす

5.口元のたるみを改善する方法【ツボ押し編】

東洋医学に基づくツボ押しは、顔の血液やリンパ液の流れを良くして、老化によるたるみに効果的と言われています。

即効性はありませんが、コツコツ続けて口元のたるみを改善しましょう。

まず、ツボ押しの注意点をチェック!

  • リラックスできる時間に行う。押すときは息を吐きながら
  • 強く押しすぎない
  • ツボの場所を正確にとらえるため、テレビを見ながらなど「ながら押し」はNG

朝晩のスキンケアの仕上げに、ツボ押しを取り入れるのがおすすめ。口元のたるみに効果的なツボを2か所紹介します。

5-(1)地倉(ちそう)

口周りのたるみに効果的なツボです。顔のむくみ解消にも〇。

 

押し方の手順を押さえておきましょう。

  両手の人差し指の腹を地倉にあてる

  呼吸に合わせてゆっくり押す・離す(5~10回)

5-(2)挟承漿(きょうしょうしょう)

口の周りのたるみやしわ改善が期待できます。マリオネットラインに効果があると言われているので、改善・予防のために押しておきたいツボです。

 

押し方の手順をチェック!

  中指&薬指の腹を挟承漿にあてる

  呼吸に合わせてゆっくり押す・離す(5~10回

6.口元のたるみを改善する方法【マッサージ編】

筋肉のコリがあると、表情筋が動かしにくくなり、顔がむくみやすくなります。溜まった水分や老廃物はたるみの原因に。

たるみ改善&エクササイズの効果UPのためのマッサージを紹介します。

6-(1)リンパマッサージ

スキンケアの最後に取り入れたいのがリンパマッサージです。

まずは、注意点からチェック!

  • 保湿クリームや美容オイルを塗ってから行う

  →何も付けないと、手や指の摩擦で肌トラブルに

  • やさしく&ゆっくりが基本

  →顔の皮膚は繊細。熟した桃に触れるイメージで

  • 無理に皮膚をのばさない

  →皮膚のばしはたるみの原因に

それでは、やり方を見ていきましょう。

  首筋から鎖骨のラインにクリームをぬる

  指全体を使い、耳の後ろから鎖骨までなで下ろす(3回程度)

  クリームを顔全体にまんべんなくのばす

  →保湿力が高いクリームがおすすめ

  フェイスラインから頬の上へと、指全体でなで上げる

  口角から耳の横に向かい、指をすべらせる

  耳の横からあごの付け根に向かって、フェイスラインに沿って指をすべらせる

6-(2)モダイオラスマッサージ

顔の筋肉が集まるモダイオラスが硬くなると、顔のたるみの原因に。モダイオラスのコリもほぐしておきましょう。

 

モダイオラスマッサージと表情筋エクササイズの合わせ技は、顔のたるみに特におすすめ。

ほぐれた筋肉を鍛えると、たるみで下に向かっていた顔全体のバランスがとれて、若々しい表情が叶います。

7.口元のたるみを改善する方法【メイク編】

口元のたるみは不機嫌な印象を人に与えるので、メイクでカバーしましょう。きゅっと上向き口角に見えるメイクのやり方を紹介します。

 

上向き口角を演出するには、コンシーラー使いがポイントです。

 ① 肌の色に近いカラーのコンシーラーを選ぶ

  →パール感があると光を味方につけて、立体感を演出できる

 ② コンシーラーを口角の下にできる影に塗る

  →広い面積に使いやすい筆タイプが〇

  指でぼかす

  ベージュピンクなど肌なじみの良いカラーの口紅やグロスを塗る

  →派手な色は口元に視線を引き付けるので、たるみが目立つ原因に

8.口元のたるみを改善する方法【スキンケア編】

肌の弾力低下によるたるみを改善するには、スキンケアの見直しも大切。どんな基礎化粧品を選べば良いか・効果を高めるケア方法について見ていきましょう。

8-(1)コラーゲンの生成を促す+保湿効果の高い化粧品を使う

口元のたるみ改善を目指すなら、2つの成分を押さえた化粧品選びが重要です。

  • コラーゲン生成を促すビタミンC誘導体

  →レチノール、プラセンタも〇

  • セラミドやヒアルロン酸など保湿力の高い成分

  → 特にヒト型セラミドがおすすめ

コラーゲン生成を促してハリのある肌に整え、ふっくらもち肌をキープするために乾燥ダメージから守るのが、口元のたるみ改善の基本です。

◆ぷるり編集部おすすめのたるみ改善アイテム

グラングレース ローション(GranGrace)

(公式サイトより)

◆商品詳細

メーカー名

エスト・コミュ

価格(税抜)/容量

4,200円/40ml、9,500円/120ml

買える場所

公式サイト・その他通販サイト

特徴

ビタミンC誘導体APIS配合で、年齢肌をハリ肌に導くクリニカルコスメ

公式サイトで詳細を見る

 

たるみ改善のための基礎化粧品をもっと知りたい人は、下記の記事も参考にしてみて下さいね。

さらに詳しく知りたい方はこちら

たるみに効く化粧品ランキング2018|ハリとツヤのある肌になれるおすすめ11選

8-(2)美顔器で美容成分の浸透+引き締め効果を高める

イオン導入美顔器で基礎化粧品の美容成分を肌の奥までしっかり浸透させて、たるみを効率よく改善しましょう。イオン導入美顔器のメリットをチェック!

  • 手で塗布したときより30倍~50倍以上浸透する

  →機種や成分によっては、150倍以上の場合も。特にビタミンC誘導体は好相性

  • 各種機能が多彩(機種により異なる)

  →超音波・高周波でマッサージ効果、EMSで表情筋トレーニング、イオンパワーで毛穴クレンジングなど

口元のたるみ改善には、表情筋トレーニング機能がある美顔器を選びましょう。

◆ぷるり編集部おすすめのイオン導入美顔器

エステナードリフティ

(公式サイトより)

◆商品詳細

メーカー名

健康コーポレーション

価格(税抜)

単品28,000円、本体+ジェルセット定期9,800円(2回目以降3,980円)

買える場所

公式サイト・その他通販サイト

特徴

肌をほぐす&表情筋を刺激して、ハリ肌が叶う美顔器

公式サイトで詳細を見る

まとめ

口元のたるみを改善するメソッドの理解は深まりましたか?最後に、おさらいをしておきましょう。

エクササイズをもう一度見る→「2.口元のたるみを改善する方法【グッズを使ったエクササイズ編】」「3.口元のたるみを改善する方法【エクササイズ編】

顔ヨガをもう一度見る→「4.口元のたるみを改善する方法【顔ヨガ編】

ツボ押しをもう一度見る→「5.口元のたるみを改善する方法【ツボ押し編】

マッサージをもう一度見る→「6.口元のたるみを改善する方法【マッサージ編】

メイクをもう一度見る→「7.口元のたるみを改善する方法【メイク編】

スキンケアをもう一度見る→「8.口元のたるみを改善する方法【スキンケア編】

口元のたるみには、複数のアプローチが大切です。さまざまな方法を取り入れて、口元のリフトアップを目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*